(左から)ボレッリとフォニーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズ(スペイン/マラガ、室内ハード)は大会3日目の24日、イタリアvsアメリカの準々決勝が行われ、イタリアが2勝1敗でアメリカを下しベスト4進出を果たした。

デビスカップファイナルズはグループステージを勝ち抜いた8チームが争うトーナメント形式の大会で、22日から27日にかけて開催。第1・第2試合はシングルス、第3試合はダブルスが行われ、オーストラリアとクロアチアがすでに4強入りを決めている。

第1試合には世界ランク45位のL・ソネゴ(イタリア)と同19位のF・ティアフォー(アメリカ)が登場。ソネゴはファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得するなどブレークを許さないプレーを披露し、6-3, 7-6 (9-7)のストレートで勝利した。

4強入りに王手をかけたイタリアだったが、第2試合では世界ランク23位のL・ムセッティ(イタリア)が同9位のT・フリッツ(アメリカ)に6-7 (8-10), 3-6のストレートで敗戦。ムセッティは重要な局面でのダブルフォルトなどが響き、2度のブレークを許した。

1勝1敗で迎えたダブルスではS・ボレッリ(イタリア)/ F・フォニーニ(イタリア)組とT・ポール(アメリカ)/ J・ソック(アメリカ)組が激突。各セット1度ずつブレークに成功したイタリアペアが反撃を1度も許さず1時間21分で勝利。2勝1敗としてベスト4入りを決めた。

イタリアは準決勝で、カナダとドイツのどちらかと対戦する。

【イタリア】
L・ムセッティ
L・ソネゴ
F・フォニーニ
S・ボレッリ

【アメリカ】
T・フリッツ
F・ティアフォー
T・ポール
J・ソック