優勝を決めたチーム・カナダ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズ(スペイン/マラガ、室内ハード)は大会5日目の26日、カナダvsイタリアの準決勝が行われ、カナダがイタリアを2勝1敗で破り、決勝進出を果たした。

デビスカップファイナルズはグループステージを勝ち抜いた8チームが争うトーナメント形式の大会で、22日から27日にかけて開催。第1・第2試合はシングルス、第3試合はダブルスが行われる。

オーストラリアが待つ決勝戦進出をかけて争われたこの試合、第1戦ではD・シャポバロフ(カナダ)とL・ソネゴ(イタリア)が対戦。第1・第2セットを互いにタイブレークの末に互いに取り合うと、ファイナルセットに突入する。ファイナルセットではソネゴが第10ゲームでブレークを奪い、イタリアが1勝を挙げる。スコアはソネゴの7-6 (7-4), 6-7 (5-7), 6-4。

第2試合ではF・オジェ アリアシム(カナダ)とL・ムセッティ(イタリア)が激突。オジェ アリアシムはファーストサービスが入ったときに91パーセントの高い確率でポイントを獲得し、1度もブレークチャンスを与えず。リターンゲームでは2度のブレークに成功し、6-3, 6-4のストレートで撃破。カナダが1勝1敗とし、勝負はダブルスに委ねられた。

第3試合、オジェ アリアシム/ V・ポスピシル(カナダ)組はM・ベレッティーニ(イタリア)/ F・フォニーニ(イタリア)組が登場。第1セット、第3ゲームで先にブレークを許したオジェ アリアシム/ ポスピシル組だったが、第6ゲームでブレークバックに成功。その後はサービスキープが続きタイブレークに突入すると2度のミニブレークに成功し、先行する。

続く第2セット、第2ゲームで先にブレークを許したオジェ アリアシム/ ポスピシル組だったが、直後の第3ゲームでブレークバックに成功。終盤となった第11ゲームで2度目のブレークを奪い、7-6 (7-2), 7-5のストレートで勝利し、カナダが2勝1敗で決勝進出を果たした。

イタリアは決勝でオーストラリアと対戦する。

デビスカップファイナルズ準決勝の組合せ・結果は以下の通り。

【準決勝の組合せ・結果】
カナダ 2−1 イタリア
オーストラリア 2−1 クロアチア