イガ・シフィオンテク (WTAファイナルズ)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)は30日、自身のSNSを更新し、今シーズンを振り返った。

シフィオンテクはインスタグラムで「シーズンが終わり、皆さんにサプライズがある。多くの大会で優勝し、37試合負けなしという驚異的な記録を達成した。さらに2つのグランドスラムタイトルを獲得できた。そして最後に世界ランキング1位となり、このポジションで1年を終えることができた」とコメント。

「これはすごいことだわ。特別な方法でユーモアと楽しさをもって、これを祝いましょう。このビデオを見て、そしてこの興味深い質問に答えてください。私が芝コートを支配するのはいつですか?」

「もうすぐ練習を再開する。私が子供の頃「ライオンキング」を楽しんだように、このビデオも楽しんでください」

シフィオンテクは今季8大会で優勝。全仏オープン(フランス/パリレッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の2つの四大大会タイトルを獲得した。

一方、芝コートでは、今季ウインブルドン(イギリス/芝、グランドスラム)のみに出場。3回戦で当時世界ランク37位のA・コルネ(フランス)に4-6, 2-6のストレートで敗れていた。


>>シフィオンテク公式ツイッター<<