スタン・ワウリンカが初戦突破
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は9日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク100位のS・ワウリンカ(スイス)が同186位のA・ヴキッチ(オーストラリア)を6-4, 1-6, 6-1のフルセットで破り、2回戦進出を決めた。

>>マレーvsマルティン・エチェベリー 1ポイント速報<<

>>西岡、アルカラスらBNPパリバOP組合せ<<

元世界ランク3位、37歳のワウリンカは今大会プロテクトランキング(怪我などによる長期離脱選手の救済制度)で4年ぶり12度目の出場。同大会では2017年に初めて決勝に進出し、R・フェデラー(スイス)に4-6, 5-7で敗れて準優勝をおさめている。また最後の出場となった2019年は、3回戦でフェデラーに3-6, 4-6のストレート負けを喫している。

この試合、ワウリンカは第9ゲームでブレークに成功して第1セットを先取するも、第2セットは1度もブレークチャンスを掴めず、2度のブレークを許して1セットオールに。

迎えたファイナルセット、ワウリンカは序盤で3ゲーム連取すると、さらに第6ゲームでもブレークに成功。試合時間1時間23分で初戦突破を決めた。

ワウリンカは2回戦で第26シードのM・キツマノビッチ(セルビア)と対戦する。今大会はシード勢が1回戦免除のためキツマノビッチは2回戦から登場。両者は今回が初顔合わせとなる。

同日に行われたシングルス1回戦では世界ランク53位のM・マクドナルド(アメリカ)、同56位のJ・ドレイパー(イギリス)、同94位のT・コキナキス(オーストラリア)、同134位のJ・シュトルフ(ドイツ)がそれぞれ勝利し、2回戦に駒を進めている。