決勝進出を果たしたルバキナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は17日、シングルス準決勝が行われ、第10シードのE・ルバキナ(カザフスタン)が第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)を6-2, 6-2のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>アルカラス、メドベージェフらBNPパリバOP組合せ<<

>>シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝を果たし、世界ランクでトップ10デビューを飾ったルバキナ。現在も10位を記録しており今大会に臨んでいる。

この試合、ルバキナは7本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得する。第1セットでは2度のブレークに成功するなど圧倒し先取。第2セットでも主導権を離さずにいると、第1ゲームから5ゲームを連取した。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第7ゲームでは2度のマッチポイントを逃しブレークされたものの、直後の第8ゲームでブレークを奪い、1時間16分で快勝している。

ルバキナは決勝で第2シードのA・サバレンカと対戦する。サバレンカは準決勝で第7シードのM・サッカリ(ギリシャ)をストレートで下しての勝ち上がり。

また、ルバキナとサバレンカは1月の全豪オープン決勝でも顔を合わせており、ルバキナはそのとき6-4, 3-6, 4-6の逆転で敗れタイトルを逃している。