怒り心頭のメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8月31日に男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのD・メドベージェフが世界ランク69位のC・オコネル(オーストラリア)を6-2, 6-2, 6-7 (6-8), 6-2で破り、6年連続6度目の3回戦進出を果たした。この試合の途中でメドベージェフはサービスを打つ直前まで客席内を歩き続けていた観客に対し「お前はバカなのか?どっちだ?」などと発する場面があった。

>>【動画】メドベージェフが観客に叫ぶシーン<<

>>アルカラス、ジョコビッチら全米OP組合せ<<

2021年大会の王者であるメドベージェフは、1回戦でロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)で出場した元世界ランク76位のA・バラズ(ハンガリー)と対戦し、6-1, 6-1, 6-0の完勝劇で初戦を突破していた。

2回戦、第1・第2セットでは計5度のブレークを奪い快勝ムードだったメドベージェフだが、第3セットでは先にブレークに成功するもその後追いつかれ、タイブレークでは2度のマッチポイントを決め切れずに反撃を食らう。

それでもメドベージェフは第4セットの第4・第8ゲームでブレーク。3時間4分で3回戦に駒を進めた。

この試合、第4セットの第3ゲーム、互いに1度ずつサービスゲームをキープして迎えたメドベージェフのサービスで事件は起きた。メドベージェフはサービスを放つモーションに入ったものの、女性の観客が客席内をまだ移動していてサーブが打てない状態に。そこでメドベージェフは、第3セットでマッチポイントを2度いかしきれなかったフラストレーションからか、ビールを持ったその観客に対し「お前はバカなのか?どっちだ?」とこめかみに人差し指を指しながら叫んだ。

この発言に対し、言われた当人はビールを持ちながら投げキッスを返しながら席に着席。観客からはメドベージェフに対してか女性に対してか不明だが、若干のブーイングが起きた。

その後もイライラした素振りを見せながらもプレーは冷静を保ったメドベージェフは、第4セットで勝負をつけ、3回戦進出を決めた。3回戦では世界ランク32位のS・バエス(アルゼンチン)と対戦する。バエスは2回戦で予選から出場している同168位のF・メリジェニ アウベス(ブラジル)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日にはぢ1シードのC・アルカラス(スペイン)や第8シードのA・ルブレフ、第12シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第13シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第16シードのC・ノリー(イギリス)、第19シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]8/28(月)〜9/11(月) 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定

■WOWOWオンデマンドはこちら>