(左から)マクラクラン勉と上杉海斗
画像提供:tennis365.net

男子テニスの国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1「日本vsイスラエル」(イスラエル/テルアビブ、室内ハード)は17日に第3試合のダブルスが行われ、マクラクラン勉/ 上杉海斗ペアがD・クキアマン(イスラエル)/ E・リーシェム(イスラエル)ペアを6-2, 7-6 (7-2)のストレートで下し、日本は2勝1敗となり勝利に王手をかけた。

>>【デ杯 第4試合 1ポイント速報】島袋vsクキアマン<<

>>【動画】デビスカップ日本戦!大きな盛り上がりを見せる開会式の様子!<<

日本代表は今年2月、ブルボン ビーンズドーム(兵庫県三木市)で開催されたワールドグループ1・プレーオフのポーランド戦に4勝0敗で勝利。元世界ランク47位の添田豪 新監督の初陣を白星で飾り、ワールドグループ1復帰を決めた。

今回のイスラエル戦では先に3勝したチームが来年のファイナル予選への出場権を手にする。

敵地イスラエルでの開催となった今回の対戦。会場には多くの観客が集まり、イスラエルチームを後押しする中、16日に行われた第1試合では世界ランク146位の島袋将が同470位のY・オリエル(イスラエル)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで破り、日本に1勝をもたらした。

続く第2試合、世界ランク193位の望月慎太郎が同372位のクキアマンと対戦し、第1セットを6-1で先取。しかし、第2セットを6-7 (5-7)、ファイナルセットを2-6で落とし、日本は1勝1敗で1日目を終えた。

2日目に行われた第3試合のダブルスに日本はマクラクランと上杉が出場。第1セットの第1ゲームで日本ペアは3度のブレークポイントをしのぐと、直後の第2ゲームでブレークを果たす。さらに第8ゲームでもブレークを奪いこのセットを獲得する。

第2セット、両チームキープを続け迎えた第10ゲームで日本は3度のマッチポイントを逃す。それでも最後はマクラクランと上杉がタイブレークをものにし、日本に2勝目をもたらした。

第4試合には島袋が登場し日本の勝利をかけクキアマンと対戦する。

【日本vsイスラエルの組み合わせ】

16日
第1試合:島袋将 6-4, 7-6 (7-5) オリエル
第2試合:望月慎太郎 6-1, 6-7 (5-7), 2-6 クキアマン

17日
第3試合:マクラクラン勉/ 上杉海斗 6-2, 7-6 (7-2) クキアマン/ リーシェム
第4試合:島袋将 vs. クキアマン
第5試合:望月慎太郎 vs. オリエル