決勝進出を果たした綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

第19回アジア競技大会のテニス部門は28日に男子シングルス準決勝が行われ、第2シードの綿貫陽介が第7シードのホン・ソンチャン(韓国)を6-2, 6-1のストレートで破り決勝進出を果たすとともに銀メダル以上を確定させ、同種目での日本人男子選手史上4人目となる金メダル獲得に王手をかけた。

>>綿貫陽介 アジア大会 決勝 1ポイント速報<<

25歳で世界ランク77位の綿貫は今大会に第2シードとして出場。シード勢は1回戦免除のため初戦となった2回戦でM・アルファラシ(カタール)、3回戦で第16シードのR・ラマナサン(インド)、準々決勝で第9シードのD・イェフセエフ(カザフスタン)を下し、準決勝進出を果たした。

迎えた準決勝の第1セット、綿貫は第1ゲームでいきなりブレークを奪うと、第5ゲームでもブレークに成功。自身のサービスゲームは全てキープし、先行する。

続く第2セット、勢いに乗る綿貫は第1ゲームから一気に4ゲーム連取を果たすと、このリードを最後まで守り切り決勝進出を決め、銀メダル以上を確定させた。

綿貫は決勝で、第1シードのジャン・ジジェン(中国)と第13シードのK・スルタノフ(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

同大会の男子シングルスで金メダル獲得となれば1966年の石黒修、1974年の坂井利郎、2014年の西岡良仁 以来となる日本人男子選手史上4人目の快挙となる。

なお、今大会の同種目優勝者には2024年のパリオリンピック出場資格が与えられる。

[PR]9/28(木)本大会で引退表明している土居 美咲が世界ランキング6位 マリア・サッカリと対戦!
東レ パン パシフィック オープンテニス WOWOWで連日生放送・ライブ配信!

10/16(月)〜10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>