ズベレフ、メドベージェフ、アルカラス、シナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)は3日、シングルス準決勝の2試合がセンターコートであるダイヤモンド・コートに組まれ、第2シードのD・メドベージェフと第6シードのJ・シナー(イタリア)が決勝進出を果たした。

>>アルカラス、メドベージェフらチャイナOP組合せ・結果<<

【コート・ダイアモンド】

第3試合:日本時間3日の17時半(現地3日の16時半)以降
(2)メドベージェフ vs (8)ズベレフ
>>メドベージェフvsズベレフ 準決勝の1ポイント速報<<

第4試合:日本時間3日の20時半(現地3日の19時半)以降
(1)アルカラス vs (6)シナー
>>アルカラスvsシナー 準決勝の1ポイント速報<<

男子シングルス準決勝1試合目では世界ランク3位のメドベージェフと同10位のズベレフが激突。両者は17度目の顔合わせであり、メドベージェフの9勝7敗。直近では今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)3回戦で対戦しており、ズべレフが6-4, 5-7, 6-4のフルセットで勝利している。

もう一方の準決勝2試合目、世界ランク2位のアルカラスと同7位のシナーは7度目の対戦であり3勝3敗。直近では今年4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準決勝で対戦しており、シナーが6-7 (4-7), 6-4, 6-2の逆転勝ちを収めている。

なお、この試合の勝者は4日に行われる決勝戦で対戦することとなる。

[PR]10/16(月)〜10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>