(左から)柴原と青山
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの最終戦 GNPセグロス・WTAファイナルズ(メキシコ/カンクン、ハード)は29日、ダブルス初戦が行われ、第3シードの青山修子/ 柴原瑛菜組が第5シードのD・シュース(オランダ)/ D・クラウチェック(アメリカ)組を7-5, 6-2のストレートで破り、初戦を白星で飾った。

>>ジョコ、アルカラスらパリマスターズ組み合わせ<<

>>全日本 男子シングルス組合せ<<

>>全日本 女子シングルス組合せ<<

今季1年間の獲得ポイント上位8組が出場するシーズン最後の大会。4組ずつ2グループに別れ総当たりで対戦し、各組上位2ペアが準決勝に進出する。1位通過ペアは、もう一方のグループの2位通過ペアと対戦することになる。

2021年以来2年ぶり2度目の出場となった青山と柴原は初戦でシュースとクラウチェック組と対戦。12度のブレークチャンスを与えるなど押し込まれる展開が増えたものの、ブレークは2度に抑えた。リターンゲームでは7度のブレークチャンスを創出し5度のブレークに成功。決定力の差を見せ、1時間36分で勝利となった。

グループリーグ2戦目は第2シードのS・ハンター(オーストラリア)/ E・メルテンス(ベルギー)組と対戦する。

ダブルスのグループ分けは以下の通り。

【マアウアル・グループ】

C・ガウフ(アメリカ)/ J・ペグラ(アメリカ)
B・クレチコバ(チェコ)/ K・シニアコバ(チェコ)
V・ズヴォナレーワ/ L・シゲムンド(ドイツ)
G・ダブロウスキ(カナダ)/ E・ラウトリフ(ニュージーランド)

【マヤカアン・グループ】

S・ハンター/ E・メルテンス
青山修子/ 柴原瑛菜
D・シュース/ D・クラウチェック
N・メリチャー(アメリカ)/ E・ペレス(オーストラリア)