西岡良仁とルブレフ
画像提供:tennis365.net/ ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATPマスターズ)は31日、予選を勝ち上がった世界ランク49位の西岡良仁と第5シードのA・ルブレフのシングルス2回戦が現在行われている。

>>西岡 良仁vsルブレフ 1ポイント速報<<

>>ジョコ、アルカラスらパリマスターズ組合せ<<

両者は5度目の顔合わせであり2勝2敗。直近では今年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦で対戦しており、ルブレフが6-2, 7-5のストレート勝ちを収めている。

今大会、予選2試合を勝ち抜き本戦入りした西岡は1回戦、ラッキールーザーで本戦入りした同55位のJ・トンプソン(オーストラリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。一方、ルブレフは今大会のシード勢が1回戦免除のためこの試合が初戦となる。

なお、この試合の勝者は3回戦で第12シードのT・ポール(アメリカ)と予選を勝ち上がった世界ランク60位のB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)のどちらかと対戦する。