4強入りした第9シードの片山翔
画像提供:tennis365.net

日本テニスの頂点を争う大会、三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)は10月28日に本戦が開幕。大会7日目となる11月3日には男子シングルス準々決勝の2試合が行われ、ベスト4が出揃った。

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

全日本テニス選手権 98thは予選が10月25日から27日まで行われ、本戦が10月28日に開幕。大会最終日は11月5日を予定しており、東京の有明コロシアムおよび有明テニスの森公園テニスコートで行われる。

男子シングルス準々決勝は2日と3日に分けられ開催。2日はトップハーフの準々決勝が組まれ、第7シードの白石光(SBCメディカルグループ)と予選から出場した上杉海斗(江崎グリコ)が4強入りを決めた。

ボトムハーフの準々決勝が組まれたこの日、第9シードの片山翔(伊予銀行)が第13シードの住澤大輔(エキスパートパワーシズオカ)を、第5シードの徳田廉大(イカイ)が第3シードの伊藤竜馬(興洋海運)をそれぞれストレートで退けベスト4進出を果たした。

【3日に行われた男子シングルス準々決勝の結果】
[]内はシード、()内は所属名

[9]片山翔(伊予銀行)6-3, 6-4 [13]住澤大輔(エキスパートパワーシズオカ)
[5]徳田廉大(イカイ)7-5, 6-3 [3]伊藤竜馬(興洋海運)


4強入りした第5シードの徳田廉大[画像提供: tennis365.net]