綿貫陽介(ジャパンOP)
画像提供:tennis365.net

5日に開幕する男子テニスのモーゼル・オープン(フランス/メス、ハード、ATP250)は3日に本戦の組み合わせを発表。世界ランク72位の綿貫陽介は1回戦で同68位のR・ガスケ(フランス)と対戦することが決まった。

>>ダニエル 太郎vsヒジカタ 準決勝 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、チチパスらパリマスターズ組み合わせ<<

同大会は5日から11日まで行われる。

昨年は決勝でL・ソネゴ(イタリア)がA・ブブリク(カザフスタン)を破り優勝を飾った。

今大会の1回戦で対戦することとなった25歳の綿貫と37歳のガスケは初の顔合わせ。

綿貫は現在行われているロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)予選決勝で同49位の西岡良仁に敗れ今大会に臨む。

この試合の勝者は2回戦で第7シードのY・ハンフマン(ドイツ)と同85位のG・バレール(フランス)の勝者と対戦する。

今大会の第1シードはあH・ルーネ(デンマーク)、第2シードはA・デ ミノー(オーストラリア)、第3シードはK・ハチャノフ、第4シードはU・アンベール(フランス)、第5シードはブブリク、第6シードはソネゴ、第7シードはハンフマン、第8シードはS・ワウリンカ(スイス)。

上位4シードは1回戦が免除となり2回戦からの登場となる。