初優勝を飾った徳田廉大
画像提供:tennis365.net

日本テニスの頂点を争う大会、三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)は大会最終日となる5日に男子シングルス決勝が行われ、第5シードの徳田廉大(イカイ)が第7シードの白石光(SBC メディカルグループ)を6-2, 6-2のストレートで破り、大会初制覇を果たした。試合後の会見で徳田は「優勝できてホッとした」と述べた。

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

全日本テニス選手権 98thは予選が10月25日から27日まで行われ、本戦が10月28日に開幕。大会最終日は11月5日を予定しており、東京の有明テニスの森公園で行われている。

4日に行われた準決勝で25歳の徳田は第9シードの片山翔(伊予銀行)を6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来5年ぶり2度目の決勝進出。一方、23歳の白石は予選を勝ち上がった上杉海斗(江崎グリコ)を2-6, 6-3, 6-2の逆転で下し大会初の決勝へ駒を進めた。

この日、開始からアグレッシブなプレーを展開する徳田は第4ゲームでブレークに成功。直後の第5ゲームでは白石に1度のブレークポイントを握られるも凌ぎゲームカウント4-1とリード。終盤の第8ゲームで2度目のブレークを奪い第1セットを先取する。

続く第2セット、開始から2ゲームを連取した徳田は直後の第3ゲーム、ダブルフォルトを犯すなどしブレークポイントを握られると粘りを見せる白石にブレークバックを許す。それでも第4・第6ゲームでブレークに成功しゲームカウント5-1とする。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第7ゲームでブレークを返されるも直後の第8ゲームで4度目のブレークを奪い、1時間31分で勝利した。

試合後の会見で徳田は「昨日と同様、決勝だからといって緊張することなく試合に臨むことができました。僕は決勝2回目で、白石選手は初めてだったので、そこはアドバンテージになるだろうなと自分の中ではプラスに考えていました」とコメント。

「入りも良かったですし、ちょっと相手のペースに惑わされた部分もありましたが、落ち着いてプレーできたかなと思います。優勝を考えずに目の前のポイント、1ポイント1ポイントやった結果が最後、優勝に繋がったかなと思います」

2018年に準優勝を経験した徳田は5年後の今大会で優勝したことについては次のように語った。

「準優勝した時が自分のランキングでは一番でした。5年前、5試合を戦いましたが想像以上に疲れました。でも、この過酷な大会で勝てれば何か掴める、何かきっかけになると思っていたので獲らなければいけないんだと思っていました。優勝できてホッとしましたし、言い方悪いですけど全日本のことを頭から排除できるんだなと。自分が目指すところはグランドスラムでの勝利なので、今日だけは優勝の余韻に浸って明日からがんばりたいです」