優勝した瀬間詠里花/伊藤あおいペア
画像提供:tennis365.net

日本テニスの頂点を争う大会、三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)は大会最終日となる5日に女子ダブルス決勝が行われ、第1シードの伊藤あおい(SBC メディカルグループ)/ 瀬間詠里花(橋本総業)ペアが光崎楓奈(プロ・フリー)/ 松田美咲(橋本総業)ペアを6-3, 7-6 (7-4)のストレートで破り、優勝を飾った。

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

全日本テニス選手権 98thは予選が10月25日から27日まで行われ、本戦が10月28日に開幕。大会最終日は11月5日を予定しており、東京の有明テニスの森公園で行われている。

第1シードの伊藤/瀬間ペアは準決勝で第3シードの今村咲(EMシステムズ)/ 佐藤南帆(三田興産)ペアをストレートで下し決勝進出。一方、ノーシードの光崎/松田ペアは慶應義塾大学の堤華蓮/大川美佐ペアをストレートで退け決勝へ駒を進めた。

決勝戦、瀬間/伊藤ペアは第1セットを6-3で先取。第2セットは接戦の末にタイブレークに突入。瀬間/伊藤ペアは1-4とリードを許すも怒涛の6ポイント連取で優勝を成し遂げた。

試合後の会見で伊藤は「今日の試合、第1セットは良かったんですけど第2セットでは自分の甘いところが出てしまいタイブレークまでいきましたが、諦めずに頑張れたのでとても良かったなと思います」とコメント。

また、瀬間は「本当にあおいちゃんが言った通りでリードしたところから私たちのサービスゲームが取れずタイブレークになって1-4だったんですけど、そこからは1ポイントずつ自分のできることをしようと思いました。タイブレークでは良いプレーができるように前しっかり動いていこうと思えたことで緊張が取れ、1ポイントずつ頑張れたかなと思います」と語った。


準優勝の光崎/松田ペアと優勝した瀬間/伊藤ペア[画像提供: tennis365.net]