綿貫陽介(ジャパンOP)
画像提供:tennis365.net

男子テニスのモーゼル・オープン(フランス/メス、ハード、ATP250)は6日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク79位の綿貫陽介は予選勝者で同176位のH・マヨ(フランス)に4-6, 6-1, 4-6のフルセットで敗れ、今大会は初戦敗退となった。

>>ダニエル 太郎、望月 慎太郎ら松山CH組合せ<<

>>島袋 将vsフォニオ 1ポイント速報<<

>>望月 慎太郎vs中川 直樹 1ポイント速報<<

前週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)予選決勝で西岡良仁に敗れ今大会に臨んだ25歳の綿貫。

当初は1回戦で同77位のR・ガスケ(フランス)と対戦予定であったが、ガスケが今大会の出場を見送ったため、予選勝者で地元フランスの21歳マヨと顔を合わせることとなった。

1回戦の第1セット、両者2度ずつブレークを奪い合い迎えた第10ゲームで綿貫は3度目のブレークをマヨに許し先行される。

それでも第2セット、綿貫はファーストサービス時に100パーセントの確率でポイントを獲得し相手にブレークポイントを与えず、リターンゲームでは3度のブレークに成功し1セットオールに追いつく。

しかしファイナルセット、序盤はテンポよくキープを続けた綿貫だったが、第6ゲームで2度のブレークポイントを逃すと、直後の第7ゲームをラブゲームでブレークされる。綿貫はその後ブレークバックを果たすことが出来ず、1時間49分で初戦敗退となった。

勝利したマヨは2回戦で同85位のG・バレール(フランス)と対戦する。バレールは1回戦で第7シードのY・ハンフマン(ドイツ)を破っての勝ち上がり。

綿貫は今後、20日に開幕する横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)と27日に開幕する四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)に出場し、今季を終える予定となっている。