ジャパンOPでの望月慎太郎
画像提供:tennis365.net

男子テニスのユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)は7日、シングルス1回戦が行われ、第2シードの望月慎太郎が予選を勝ち上がった世界ランク350位の中川直樹を6-2, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>ダニエル 太郎、望月 慎太郎ら松山CH組合せ<<

世界ランク129位の望月と予選を勝ち上がった同350位の中川は2019年と2022年にツアー下部大会で1度ずつ対戦しており、いずれも中川が勝利している。

1回戦の第1セット、第2ゲームで2度のダブルフォルトを犯しいきなりブレークを許した望月だが、直後の第3ゲーム、鋭いリターンエースとパッシングショットからブレークバックのチャンスを握ると最後は中川のボールがアウトとなりブレークバックに成功。その後は安定したサービスゲームを展開すると6ゲームを連取し先行する。

続く第2セット、望月は第3ゲームでブレークに成功。第4ゲームで2度のブレークポイントを凌ぐと第5ゲーム、6度目のブレークチャンスものにする。最後は望月の強烈なフォアハンドを中川が返球できずブレーク。その後はブレークバックを許さず1時間16分で勝利した。

勝利した望月は2回戦で世界ランク264位のG・ブランカノ(フランス)と対戦する。ブランカノは1回戦、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した片山翔を6-0, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードの島袋将、世界ランク252位の清水悠太、ワイルドカード(主催者推薦)で出場する同309位の内山靖崇らが2回戦に駒を進めた。