(左から)徳田廉大、伊藤竜馬、市川泰誠
画像提供:tennis365.net

13日に開幕する男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は8日、シングルス本戦のワイルドカード(主催者推薦)を世界ランク552位の徳田廉大、同658位の伊藤竜馬、同786位の市川泰誠の3名に与えたと発表した。

>>ダニエル 太郎、望月 慎太郎、島袋 将ら松山CH組合せ<<

同大会はブルボン ビーンズドーム(兵庫県三木市)にて11月12日〜13日に予選、13日〜19日に本戦が行われる。

昨年は綿貫陽介が決勝でF・フェレイラ・シルバ(ポルトガル)を破り同大会2度目の優勝を飾った。

今回、大会はシングルスの本戦ワイルドカードを発表。2018年大会優勝の伊藤、今月行われた三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)シングルスで大会初制覇を果たした徳田、同大会のダブルスで渡邉聖太とペアを組み優勝した市川の3名にワイルドカードが与えられた。

なお、同大会に当初エントリーしていた同86位のダニエル太郎と元世界ランク4位の錦織圭は欠場することが決まっている。

【兵庫ノア・チャレンジャー本戦出場予定選手】(11月8日時点)
J・ロディオノフ(オーストリア)
望月慎太郎
L・ナルディ(イタリア)
島袋将
M・ポルマンズ(オーストラリア)
スー・ユーシュウ(台湾)
B・ハッサン(ドイツ)
ブ・ユンチャオケテ(中国)
Z・コラー(チェコ)
D・アジドゥコビッチ(クロアチア)
ウー・トンリン(台湾)
ユング・ジェイソン(台湾)
ホン・ソンチャン(韓国)
F・フェレイラ・シルバ
G・ブランカノ(フランス)
D・スウィーニー(オーストラリア)
C・イルケル(トルコ)
清水悠太
M・エフスタティウ(キプロス)
A・マーティン(アメリカ)
J・マッケイブ(オーストリア)
徳田廉大
伊藤竜馬
市川泰誠