2022東レPPOでの大坂
画像提供:ゲッティイメージズ

12月31日に開幕する女子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)は10日に公式サイトを更新。元世界ランク1位の大坂なおみが出場すると発表した。

>>ダニエルら松山チャレンジャー組み合わせ<<

>>ダニエル 太郎 準々決勝1ポイント速報<<

大坂は昨年9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)2回戦を腹痛のため棄権し、ツアーを離脱。今年1月には妊娠を公表し、7月に出産したことを発表した。来年1月14日に開幕する全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場し復帰する予定であることは明かしていたが、今回、シーズン開幕戦となるブリスベン国際への参戦が発表された。

公式サイトで大坂は「コートに戻って戦えることをとても楽しみにしている。ブリスベン国際はとても素晴らしい大会だから」とコメントを残した。

2018年と2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、そして2019年と2021年の全豪オープンと4度の四大大会を制した“女王”がコートに戻ってくる。