会見での日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)「日本vsコロンビア」は10日、シングルス第2試合が行われ、世界ランク90位の日比野菜緒が同823位のY・リサラソ(コロンビア)を6-2, 6-4のストレートで破り、日本は初日を1勝1敗で終えた。試合後の会見で日比野は「声援に助けられた試合だったかなと思います」と語った。

>>【BJK杯】日比野 菜緒vsオソリオ 1ポイント速報<<

>>【BJK杯】本玉 真唯vsリサラソ 1ポイント速報<<

今回のプレーオフは初日にシングルスを2試合、2日目にシングルス2試合、ダブルス1試合を行うベスト5マッチ(先に3勝した方の勝利)。全て3セットマッチで行われ、勝利すれば来年のファイナル予選に進み、敗戦するとグループ1部に回ることになる。

初日となったこの日の第1試合、世界ランク124位の本玉真唯は同79位のC・オソリオ(コロンビア)(コロンビア)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、日本は初戦を白星で飾ることができず。第2試合には初勝利を目指し28歳の日比野が登場した。

第1セット、日比野は第3ゲームでブレークに成功。直後の第4ゲームでブレークバックを許したものの第5ゲームから4ゲームを連取し先行する。

続く第2セット、第1ゲームでいきなりブレークに成功した日比野だが第4ゲームでブレークバックを許す。それでも第6ゲームで再びブレークを奪うとサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでは2度のブレークポイントを凌ぎキープし、1時間21分で勝利した。

試合後の会見で日比野は「まず勝てたことがすごくうれしいです。本当にたくさんのお客さんに来ていただいて声援を贈ってくれました。そしてチームのみんなもすごく盛り上げてくれたので、そのエネルギーに助けられた試合だったかなと思います。プレーも自分がやりたいことができたので100点とはいかないですけど70点ぐらいの良い試合ができたと思います」とコメント。

なお、11日にはシングルス2試合とダブルス1試合を予定。シングルス2試合には日比野と本玉が、ダブルスには柴原瑛菜/ 青山修子ペアが登場する。

【国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ結果・日程】

<第1日目>16時開始予定
第1試合 本玉真唯 4-6, 4-6 オソリオ
第2試合 日比野菜緒 6-2, 6-4 リサラソ

<第2日目>11日の13時に開始予定
第1試合 日比野 vs. オソリオ
第2試合 本玉 vs. リサラソ
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. M・エラソ ゴンサレス(コロンビア)/ M・ペレス ガルシア(コロンビア)

両国の代表メンバーは以下の通り。

【日本代表】
日比野菜緒(ブラス)
本玉真唯(島津製作所)
坂詰姫野(橋本総業ホールディングス)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
青山修子(近藤乳業)
監督:杉山愛(日本テニス協会)

【コロンビア代表】
オソリオ
E・アランゴ(コロンビア)
リサラソ
エラソ ゴンサレス
ペレス ガルシア
監督:ファビオラ・ズルアガ