会見に臨んだ本玉真唯
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)「日本vsコロンビア」は11日、大会2日目のシングルス第2試合が行われ、世界ランク124位の本玉真唯が同531位のM・エラソ ゴンサレス(コロンビア)を6-2, 6-2のストレートで破り、日本は2勝2敗に追いつき第3試合のダブルスで勝敗が決することとなった。試合後の会見で本玉は「昨日の反省点を全て活かせました」と語った。

>>【BJK杯】青山/柴原ペアvsエラソ ゴンサレス/ ペレス ガルシア組 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎ら松山CH組合せ<<

今回のプレーオフは初日にシングルスを2試合、2日目にシングルス2試合、ダブルス1試合を行うベスト5マッチ(先に3勝した方の勝利)。全て3セットマッチで行われ、勝利すれば来年のファイナル予選に進み、敗戦するとグループ1部に回ることになる。

初日となった10日の第1試合、本玉はC・オソリオ(コロンビア)にストレートで敗れ、日本は初戦を白星で飾ることができず。それでも第2試合、世界ランク90位の日比野菜緒が同823位のY・リサラソ(コロンビア)をストレートで破り、日本は初日を1勝1敗で終えた。

迎えた大会2日目のシングルス第1試合、日比野が登場するもオソリオを相手にチャンスを掴めず、わずか57分でストレート負けを喫した。

それでもシングルス第2試合に登場した本玉は第1セット、第1ゲームでいきなりブレークに成功。試合前に対戦相手が変更されたにも関わらず、開始から主導権を握ると第7ゲームで2度目のブレークを奪い先行する。続く第2セット、勢いそのままに本玉は第1・第5ゲームでブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第8ゲームでは2度のブレークポイントを凌ぎキープし1時間18分で勝利した。

試合後の会見で本玉は「今日の試合、私が負けたら負けということですごい緊張したんですけど昨日の反省点を全て活かして自分のプレーをしっかりできたかなと思います。内容的にも良かったです。相手は低いボールで色んなことをしてきたので大変でしたが、流れが変わりそうなときに自分が絞められたので、このスコアで勝てたのかなと思います」とコメント。

試合前の対戦相手変更については「対戦相手が変わったのはびっくりしたんですけど自分のやるべきことは変わらないと思って臨みました。相手のプレースタイルとか全く分からなかったのでそれは入ってから、プレーしてからと思っていましたがポイントを押さえられたので良かったです」と述べた。

なお、この後行われる最終試合のダブルスには青山修子/柴原瑛菜ペアが登場しオソリオ/リサラソ組と顔を合わせる。

【国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ結果・日程】

<第1日目>
第1試合 本玉真唯 4-6, 4-6 オソリオ
第2試合 日比野菜緒 6-2, 6-4 リサラソ

<第2日目>
第1試合 日比野 2-6, 0-6 オソリオ
第2試合 本玉 6-2, 6-2 M・エラソ ゴンサレス(コロンビア)
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. オソリオ/ リサラソ

両国の代表メンバーは以下の通り。

【日本代表】
日比野菜緒(ブラス)
本玉真唯(島津製作所)
坂詰姫野(橋本総業ホールディングス)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
青山修子(近藤乳業)
監督:杉山愛(日本テニス協会)

【コロンビア代表】
オソリオ
E・アランゴ(コロンビア)
リサラソ
エラソ ゴンサレス
M・ペレス ガルシア(コロンビア)
監督:ファビオラ・ズルアガ