優勝した島笙太
画像提供:ダンロップ

テニスの2024 ダンロップ ジュニア ワールドチャレンジ イン 四日市(日本/三重県四日市市、デコターフ)は11日、男子シングルス決勝が行われ、関西高校の島笙太が優勝を飾り、13日に同会場で開幕する全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ジュニア本戦のワイルドカード(主催者推薦)をかけた国際大会の参加資格を獲得した。

>>ダニエル 太郎 松山チャレンジャー決勝 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎ら松山CH組合せ<<

今大会は国内の17歳以下男子計16人が出場。優勝者には同会場で行われる翌年の全豪オープンジュニアの本戦ワイルドカード(主催者推薦枠)をかけた国際大会の参加資格が与えられる。この国際大会は11月13日〜17日にかけて開催される。

今大会は4人1組の4グループに分かれラウンドロビン形式で予選を実施され、上位1名のみ決勝トーナメントへ進出。予選ラウンドロビンは2タイブレークセットで1セットオール後は10ポイントマッチのタイブレーク。決勝トーナメントと3位決定戦はベストオブ3タイブレークセット方式(ファイナルセットは6ゲームオール時10ポイントマッチタイブレーク)で行われた。

グループを勝ち上がったのは金子正人(Team Satellite)、水谷旭陽(四日市工業高校)、武藤守生(高牟礼テニスチーム)、島笙太(関西高校)の4選手。決勝戦では島が水谷を6-4, 6-2のストレートで破り、優勝を飾った。

大会の結果は以下の通り。

【グループA】
1位 金子正人 2勝1敗 セット4-2、ゲーム30-25
2位 駒田瑛人(ラボキッズジュニア)2勝1敗 セット4-3、ゲーム27-26
3位 小柳遥人(東海大付属札幌高)1勝2敗 セット3-4、ゲーム28-28
4位 秋本将輝(四日市工業高校)1勝2敗 セット2-4、ゲーム24-30

【グループB】
1位 島笙太 3勝0敗 セット6-0、ゲーム36-17
2位 水澤康生(東京学館新潟高等学校)2勝1敗 セット4-2、ゲーム33-26
3位 佐藤颯基(ダンロップ泉パークタウンTC)1勝2敗 セット2-4、ゲーム25-33
4位 長友春鷹(ダイヤモンドTC学園前)0勝3敗 セット0-6、ゲーム20-38

【グループC】
1位 武藤守生 3勝0敗 セット6-0、ゲーム36-19
2位 伊藤拓(新田高校)2勝1敗 セット4-2、ゲーム33-23
3位 野々山仁(四日市工業高校)1勝2敗 セット2-4、ゲーム22-29
4位 小島温仁(北陸高校)0勝3敗 セット0-6、ゲーム17-37

【グループD】
1位 水谷旭陽 3勝0敗 セット6-1、ゲーム34-19
2位 宮川侑士(浦和麗明高校)2勝1敗 セット5-2、ゲーム36-15
3位 奥村亘(ヴァルブランシュTC)1勝2敗 セット2-4、ゲーム17-30
4位 室井悠斗(四日市工業高校)0勝3敗 セット0-6、ゲーム13-36

<準決勝>
水谷旭陽 6-4, 6-4 金子正人
島笙太 6-4, 7-5 武藤守生

<決勝>
島笙太 6-4, 6-2 水谷旭陽