ジャパンOPでの望月慎太郎
画像提供:tennis365.net

13日に開幕する男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は11日にシングルス本戦の組合せを発表。第2シードには世界ランク129位の望月慎太郎、第5シードには同155位の島袋将が入った。

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

今大会、第2シードには木下グループ・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2023(日本/東京、ハード、ATP500)でベスト4進出を果たした望月慎太郎が入っており、初戦は予選勝者と対戦する。望月は今週行われたユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)に出場したものの2回戦敗退となっていた。

また、第5シードとして出場する島袋も今週のユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープンに出場していたが同じく2回戦で敗れていた。今大会では1回戦で世界ランク274位の内田海智と対戦することが決まっている。

その他、日本勢では世界ランク252位の清水悠太に加え、今月行われた三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)のシングルスで優勝した同552位の徳田廉大、同658位の伊藤竜馬、同786位の市川泰誠の3選手がワイルドカード(主催者推薦)で出場する。

大会は13日から19日にかけて開催される予定。