ジャパンOPでの内山靖崇
画像提供:tennis365.net

男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は13日、シングルス予選決勝が行われ、予選第3シードの内山靖崇が世界ランク415位のB・エリス(オーストラリア)を6-4, 7-5のストレートで破り、2年連続で本戦出場を決めた。

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

>>最終戦アルカラスvsズベレフ 1ポイント速報<<

前週行われたユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)では本戦から出場し初戦を突破したものの2回戦で敗れていた内山。今大会は予選から出場すると1回戦で17歳の坂本怜を6-1, 6-2のストレートで下し予選決勝に駒を進めていた。

予選決勝の第1セット、内山は第1ゲームでブレークに成功するも直後の第2ゲームですぐさまブレークバックを許す。その後は互いにサービスキープが続くも内山は第9ゲームで2度目のブレークに成功し先行する。

続く第2セット、第6・第7ゲームで互いに2度ずつブレークポイントを握るも活かせず。セット終盤となった第11ゲーム、内山は40-0とすると2度目のブレークポイントをものにしブレーク。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームでは2度目のマッチポイントをものにし、1時間32分で勝利した。

勝利した内山は本戦1回戦で第1シードのJ・ロディオノフ(オーストリア)と対戦する。

その他、予選決勝には世界ランク400位の野口莉央、同467位の高橋悠介、同556位のトゥロター・ジェームズ、同583位の羽澤慎治の日本勢4選手が登場したが、本戦入りとはならなかった。

13日に行われた予選1回戦の結果は以下の通り。
()内の数字はシード

(2)G・フォニオ(イタリア)6-3, 6-7 (3-7), 6-1 (WC)羽澤慎治
(3)内山靖崇 6-4, 7-5 エリス
(4)K・イヴァノフスキ(マケドニア)5-7, 7-6 (7-5), 6-4 (WC)トゥロター・ジェームズ
(10)チョン・ユンソン(韓国)6-1, 6-4 野口莉央
A・ホルムグレン(デンマーク)6-4, 6-4 高橋悠介
A・フェンティ(アメリカ)4-6, 6-3, 6-4 ヤン・バイ(中国)