(左から)望月慎太郎と島袋将と野口莉央
画像提供:tennis365.net

男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は14日にシングルス1回戦が行われ、日本勢では第2シードの望月慎太郎、第5シードの島袋将、ラッキールーザーで本戦入りした世界ランク396位の野口莉央の3名が初戦突破を果たし、ベスト16進出を果たした。

>>ジョコビッチ、アルカラスら最終戦の組合せ<<

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

この日、同大会ではシングルス1回戦のうち10試合が行われた。

20歳で世界ランク137位の望月は今大会に第2シードとして出場。この日の1回戦では予選勝者で同306位のG・フォニオ(イタリア)を4-6, 6-2, 6-3の逆転で下し初戦突破を果たした。2回戦では同393位のバイ・ヤン(中国)と対戦する。

同155位で今大会第5シードの島袋は同285位の内田海智を6-1, 7-6 (7-5)のストレートで破り2回戦に駒を進めた。島袋は次戦で同280位のホン・ソンチャン(韓国)と対戦する。

予選決勝で敗れたものの、本戦に欠場者が出たことでラッキールーザーとして本戦入りした野口は、同209位のスー・ユーシュウ(台湾)を6-4, 6-3のストレートで破りベスト16進出を果たした。野口は2回戦で同172位のD・アジドゥコビッチ(クロアチア)と対戦する。

一方、今月行われた三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)のシングルスで優勝し、今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場した同544位の徳田廉大は予選勝者で同362位のチョン・ユンソン(韓国)に6-4, 1-6, 2-6の逆転で敗れ、2回戦進出とはならなかった。

15日には同249位の清水悠太がワイルドカードで出場している同648位の伊藤竜馬と初戦で顔を合わせるほか、同じくワイルドカードで出場する同786位の市川泰誠が1回戦に挑む。また、島袋は2回戦に臨む。

【14日に行われたシングルス1回戦の結果】
※()内はシード準

チョン・ユンソン 4-6, 6-1, 6-2 徳田廉大
(5)島袋将 6-1, 7-6 (7-5) 内田海智
(2)望月慎太郎 4-6, 6-2, 6-3 G・フォニオ
D・アジドゥコビッチ 6-2, 6-2 M・エフスタティウ(キプロス)
A・ホルムグレン(デンマーク) 6-4, 6-3 M・エチャルギ(チュニジア)
(4)B・ハッサン(ドイツ) 0-6, 6-3, 6-2 J・マッケイブ(オーストリア)
野口莉央 6-4, 6-3 スー・ユーシュウ
ユング・ジェイソン(台湾) 6-4, 7-6 (7-4) (8)Z・コラー(チェコ)
バイ・ヤン 6-1 4-0ret K・イヴァノフスキ(マケドニア)
(6)M・ポルマンズ(オーストラリア) 6-2, 7-5 A・フェンティ(アメリカ)