予選ラウンドロビン2連勝を果たしたシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は14日、シングルスグリーングループ第2戦が行われ、第4シードのJ・シナー(イタリア)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-5, 6-7 (5-7), 7-6 (7-2)のフルセットで破り、予選ラウンドロビン2勝をあげ決勝トーナメント進出に大きく前進した。

>>ジョコ、アルカラスら最終戦の組合せ<<

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

過去3試合戦いいずれもジョコビッチが勝利しているこの顔合わせ。ジョコビッチは勝利すれば、シナーはストレート勝ちをおさめれば今大会の予選ラウンドロビン突破が決まる。

この試合の第1セット、序盤は互いにブレークチャンスを与えることなく中盤に。ピンチを迎えるときもあるが、サービスで凌ぎ合う展開となるなか迎えた第11ゲーム、ジョコビッチは40-0とサービスゲームのキープにあと一歩まで迫るがシナーがリターンエースを決め流れが変わり、そこから5ポイントを連取してブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第12ゲームをラブゲームでキープし先行した。

第2セットも第1セットと同様ともにブレークを許さない緊張感のあるゲームが続きタイブレークに突入。1ポイント目でサーブ&ボレーに出たジョコビッチに対しシナーのリターンが決まりミニブレークするも、そこから互いにミニブレークの応酬に。6−5からジョコビッチのサービスをシナーが返すことができずセットカウント1−1に追いつかれた。

ファイナルセット、第6ゲームでシナーがリターンからポイントを連取しブレークに成功。第7ゲームでこの日初めてのブレークを許し追いつかれると再びタイブレークに突入したが、シナーは1−0としたリターンで2ポイント連続でミニブレークに成功し4−0と大きくリードを広げてジョコビッチの追随を許さず。会場のボルテージが最高潮となるなか世界ランク1位との接戦を3時間11分で制した。

予選ラウンドロビン第3戦でシナーは第8シードのH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。ルーネは同日行われた第2戦で第6シードのS・チチパス(ギリシャ)と対戦したが、第1セット途中でチチパスが棄権したため勝利をあげている。

一方、ジョコビッチは第3戦で棄権したチチパスに代わり出場するH・フルカチュ(ポーランド)と顔を合わせることとなる。