望月慎太郎(ジャパンOP)
画像提供:tennis365.net

男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は16日、第2シードの望月慎太郎とラッキールーザーで本戦入りした同393位のバイ・ヤン(中国)のシングルス2回戦がセンターコートで現在行われている。

>>望月 慎太郎vsバイ 2回戦 1ポイント速報<<

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

両者はツアーレベルでの対戦はないものの、2019年にツアー下部大会で対戦しており、この時はバイがストレートで勝利している。

20歳で同137位の望月は今大会の1回戦で同306位のG・フォニオ(イタリア)を4-6, 6-2, 6-3の逆転で破り、初戦突破を果たした。

一方のバイは今大会1回戦で同330位のK・イヴァノフスキ(マケドニア)の途中棄権により2回戦に駒を進めた。

この試合の勝者は準々決勝で第5シードの島袋将と対戦する。島袋は2回戦で同280位のホン・ソンチャン(韓国)を下しての勝ち上がり。