4強入り決めたシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は16日、シングルスグリーングループ第3戦が行われ、第4シードのJ・シナー(イタリア)が第8シードのH・ルーネ(デンマーク)を6-2, 5-7, 6-4のフルセットで破り、予選ラウンドロビン3戦全勝でベスト4進出を果たした。54年の歴史を持つ同大会でイタリア人選手がシングルス準決勝に進出するのは今回が初となった。

>>望月 慎太郎vs島袋 将 準々決勝 1ポイント速報<<

>>ジョコ、アルカラスら最終戦の組合せ<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

この試合の前に同グループの第3戦、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)の一戦が行われた。ジョコビッチはフルカチュにフルセットの末勝利したものの、1セットを落としたことでシナーは4強入りを決めて第3戦に臨んだ。

この試合の第1セット、9本のウイナーを決めファーストサービスが入ったときに80パーセントの確率でポイントを獲得した22歳のシナーは1度もブレークポイントを与えず。2度のダブルフォルト、6本のアンフォーストエラーを犯したルーネから2度のブレークを奪い先行。幸先の良い滑り出しを見せる。

しかし、第2セット途中、腰を痛め、しきりに気にするシナーは本来の動きができず。サービスキープを続け試合を進めたものの終盤となる第12ゲームで0-40とピンチを迎える。2本のセットポイントをとなるブレークポイントを凌いだものの最後はルーネのロブが決まりブレークを許して1セットオールとされる。

迎えたファイナルセット、第3・第5ゲームでブレークポイントを活かせなかったシナーは第8ゲーム、ルーネにこのセット初のブレークポイントを握られる。ここをサービスエースなどで切り抜けると直後の第9ゲーム、最後はネット際のローボレーが決まりブレークに成功。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームをキープし、2時間32分の激闘を制した。

なお、この勝利により、グループ1位通過はシナー、2位はジョコビッチに決定した。

<Nitto ATPファイナルズの組合せ>

【グリーングループ】
1位 J・シナー:3勝0敗
2位 N・ジョコビッチ:2勝1敗
3位 H・ルーネ:1勝2敗
4位 H・フルカチュ 0勝1敗
5位 S・チチパス(ギリシャ):0勝2敗

【レッドグループ】
D・メドベージェフ:2勝0敗
A・ズベレフ(ドイツ):1勝1敗
C・アルカラス(スペイン):1勝1敗
A・ルブレフ:0勝2敗