最終戦4強入り決めたアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は17日、シングルスレッドグループ第3戦が行われ、第2シードのC・アルカラス(スペイン)が第3シードのD・メドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、予選ラウンドロビン2勝1敗でベスト4進出を果たした。アルカラスは試合後、N・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝に向け「ウィンブルドン決勝の再現になるといいね」と明かした。

>>ジョコ、アルカラスら最終戦の組合せ・結果<<

>>島袋 将vsナルディ 準決勝 1ポイント速報<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

20歳で世界ランク2位のアルカラスは同大会初出場。昨年は出場権を得ていたが、直前に左わき腹を負傷し欠場していた。今大会、第1戦で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)に敗れたものの、第2戦で第5シードのA・ルブレフに勝利し1勝1敗で第3戦を迎えた。

この試合の第1セット、第7ゲームでアルカラスは強力なストロークで0-40とブレークのチャンスを握ると、最後はバックハンドでリターンエースを決めブレークに成功。このリードを守り切り先行する。続く第2セット、アルカラスはファーストサービス時に78パーセントの確率でポイントを獲得しメドベージェフにブレークポイントを与えず、リターンゲームでは第9ゲームでブレークに成功し、1時間20分で勝利した。

この結果、レッドグループはアルカラスが1位、メドベージェフが2位で4強入りすることとなった。

なお、準決勝ではアルカラスがグリーングループ2位で第1シードのジョコビッチと、メドベージェフがグリーングループ1位で第4シードのJ・シナー(イタリア)と対戦する。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにアルカラスのコメントを掲載しジョコビッチとの試合について次のように語った。

「ウィンブルドン決勝の再現になるといいね。自分のプレーを見つけたい。明日は、それを再現するために何が良かったかその試合を見てみるよ。とてもメンタルな試合になるだろうから、今夜から準備を始めたい」

「ノヴァークはATPファイナルズの準決勝で6度優勝している。このような大会の準決勝でプレーすることがどういうことなのかを知っているんだ。明日はその経験を生かして、最高のテニスを見せるだろうね。試合では僕にプレッシャーをかけてくるだろうし、基本的には自分のスタイルに忠実だろう。だから、僕もそれに備えなければならないね。ここ2、3日の自分のレベルを見て、頭の中では色々なことを考え始める。今のところ、この調子でいけば僕にも優勝のチャンスはあると思う」

アルカラスとジョコビッチは今季3度対戦。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準決勝ではジョコビッチが、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)決勝ではアルカラスが勝利。直近ではW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝で顔を合わせており、ジョコビッチが死闘を制している。

<Nitto ATPファイナルズの組合せ>

【グリーングループ】
1位 J・シナー:3勝0敗
2位 N・ジョコビッチ:2勝1敗
3位 H・ルーネ(デンマーク):1勝2敗
4位 H・フルカチュ(ポーランド) 0勝1敗
5位 S・チチパス(ギリシャ)(ギリシャ):0勝2敗

【レッドグループ】
1位 C・アルカラス:2勝1敗
2位 D・メドベージェフ:2勝1敗
3位 A・ズベレフ:2勝1敗
4位 A・ルブレフ:0勝3敗