ジャパンOPでの島袋将
画像提供:tennis365.net

男子テニスの兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)は18日、シングルス準決勝が行われ、第5シードの島袋将が第3シードのL・ナルディ(イタリア)を6-2, 6-2のストレートで破り、決勝進出を果たすと共に5月のKIA チュニス・オープン(チュニジア/チュニス、レッドクレー、ATPチャレンジャー)以来となるキャリア3度目のチャレンジャー大会制覇に王手をかけた。

>>島袋 将vsナルディ 準決勝 1ポイント速報・結果<<

>>島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

26歳で世界ランク155位の島袋は今大会、1回戦で同285位の内田海智、2回戦で同280位のホン・ソンチャン(韓国)、準々決勝で第2シードの望月慎太郎を破り4強入り。

一方、前週のユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)決勝で同78位のダニエル太郎を破り優勝をった20歳で世界ランク128位のナルディは1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同786位の市川泰誠、2回戦で予選を勝ち上がった同335位のA・ホルムグレン(デンマーク)、準々決勝で第6シードのM・ポルマンズ(オーストラリア)を退け準決勝に駒を進めた。

この日の第1セット、島袋は第1ゲームで鋭いリターンからブレークチャンスを握ると最後はナルディがダブルフォルトを犯しブレークに成功。第5ゲームでは40-0とし再びブレークチャンスを迎えると強烈なバックハンドウイナーを決めて2度目のブレークを奪う。セットを通して安定したサービスゲームを展開した島袋はブレークバックのチャンスを与えず先行する。

続く第2セット、アグレッシブなプレーで主導権を握る島袋は再び第1ゲームでブレークに成功。その後、第7ゲームでは粘りを見せブレークチャンスを掴むと最後はナルディがダブルフォルトを犯し2度目のブレーク。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームを難なくキープし、わずか59分で勝利した。

今年1月のバンコク・オープン3(タイ/ノンタブリー、ハード、ATPチャレンジャー)と5月のKIA チュニス・オープンに次ぐチャレンジャー大会3勝目に王手をかけた島袋は決勝で同172位のD・アジュコビッチ(クロアチア)と対戦する。アジュコビッチは準決勝で同230位のウー・トンリン(台湾)を7-5, 5-7, 6-3のフルセットで下しての勝ち上がり。