綿貫陽介(ジャパンOP)
画像提供:tennis365.net

男子テニスの横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)は18日、公式サイトで予選と本戦のドローを公開した。

>>綿貫 陽介、清水 悠太ら横浜慶應CH組合せ<<

同大会は慶應義塾大学日吉キャンパス 蝮谷テニスコートで(神奈川県横浜市)にて11月19日〜20日に予選、20日〜26日に本戦が行われる。

昨年は決勝でC・オコネル(オーストラリア)が決勝で綿貫陽介を下し優勝を飾った。

大会前日の18日、大会は公式サイトで予選と本戦のドローを公開。本戦には5名、予選には9名の日本勢が名を連ねており、本戦の第1シードは前年準優勝で世界ランク81位の綿貫となっている。

当初大会にエントリーしていた元世界ランク4位の錦織圭は欠場となった。

【シングルス本戦出場選手】※WCは主催者推薦
綿貫陽介
J・ロディオノフ(オーストリア)
M・モー(アメリカ)
J・ダックワース(オーストラリア)
M・クレッシー(アメリカ)
L・ナルディ(イタリア)
M・ポルマンズ(オーストラリア)
L・リーディ(スイス)
スー・ユーシュウ(台湾)
Z・コラー(チェコ)
Z・ベルグス(ベルギー)
ウー・トンリン(台湾)
ホン・ソンチャン(韓国)
ユング・ジェイソン(台湾)
A・マーティン(アメリカ)
C・ウォン(香港)
清水悠太
G・ブランカノ(フランス)
C・イルケル(トルコ)
J・マッケイブ(オーストリア)
L・トゥ(オーストラリア)
M・エチェルギ(チュニジア)
A・チェリクビレク(トルコ)
WC 野口莉央
WC 坂本怜
WC 今村昌倫

【シングルス予選出場選手】
内山靖崇
G・フォニオ(イタリア)
O・ジャシカ(オーストラリア)
K・イバノフスキ(マケドニア)
A・ホルムグレン(デンマーク)
M・アハード(フランス)
中川直樹
C・シンクレア(北マリアナ諸島)
チョン・ユンソン(韓国)
E・ゲラシモフ
A・フェンティ(アメリカ)
E・エスコベド(メキシコ)
バイ・ヤン(中国)
スン・ファジン(中国)
守屋宏紀
高橋悠介
トゥロター・ジェームズ
N・ポンウィズ(アメリカ)
望月勇希
K・ヴェーネルト(ドイツ)
WC 羽澤慎治
WC 田島尚輝
WC 有本響
WC 菅谷優作