最終戦決勝進出を決めたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は18日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのC・アルカラス(スペイン)を6-3, 6-2のストレートで破り、2年連続9度目の決勝進出を果たすと共に大会史上最多となる7度目の優勝に王手をかけた。試合後、ジョコビッチは「本当に完璧なテニスができた」と振り返った。

>>【動画】ジョコビッチ 最終戦の準決勝でアルカラス撃破、試合終了の瞬間<<

>>最終戦 予選ラウンドロビン 結果<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

両者は5度目の顔合わせ。初対戦でアルカラスが勝利して以来交互に勝利を収めており、現在2勝2敗となっている。直近では今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝で対戦しており、この時はジョコビッチが3時間49分の死闘の末に5-7, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4)の逆転で勝利した。

36歳で世界ランク1位のジョコビッチは同大会6年連続16度目の出場。過去6度(2008,2012-2015,2022)の優勝を飾っている。今大会は予選ラウンドロビンのグリーングループ第1戦で第8シードのH・ルーネ(デンマーク)に勝利したものの、第2戦で第4シードのJ・シナー(イタリア)に敗れ1勝1敗に。それでも第3戦で第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)に勝利し、2勝1敗のグループ2位で準決勝に駒を進めた。

一方、20歳で同2位のアルカラスは同大会初出場。昨年は出場権を得ていたが、直前に左わき腹を負傷し欠場していた。今大会は予選ラウンドロビンのレッドグループ第1戦で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)に敗れたものの、第2戦で第5シードのA・ルブレフ、第3戦で第3シードのD・メドベージェフを下し、2勝1敗のグループ1位で4強入りを果たした。

この日、14本のウイナーを決めアンフォーストエラーをわずか3本に抑えたジョコビッチはファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。4度のブレークポイントを全て凌ぐとリターンゲームではアルカラスから3度のブレークに成功し、1時間28分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにジョコビッチのコメントを掲載し「予選3試合はコートにいる時間が長かった。特に予選第2、第3試合ではキレがなかったけど今夜は最初からボールを感じられたと思う。僕は正しい姿勢、正しいメンタリティで試合に臨んだ。最初のポイントから激しい試合になることはわかっていた。彼(アルカラス)は第1ゲームで15-40とすぐにブレークポイントを握った。それが彼なんだ」と語った。

「こういう試合で彼はいつもベストを尽くし、質の高いテニスと激しさでスタートする。僕はそれを乗り切らなければならない。でも、大事な場面でいいサーブができたし、(第1セットのゲームカウント)4-3の場面でブレークしたときに試合が動いた。彼はバックハンドで何度かミスをしていて、それでブレークに成功した。その瞬間から、僕は本当に完璧なテニスができたんだ」

勝利したジョコビッチは決勝で第4シードのシナーと対戦する。シナーは準決勝で第3シードのメドベージェフを6-3, 6-7 (1-7), 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。