ジャパンOPでの島袋将
画像提供:tennis365.net

男子テニスの11月20日付ATP世界ランキングが更新され、前週の兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)で準優勝した島袋将は11上げて144位に浮上した。

>>綿貫 陽介、清水 悠太ら横浜慶應CH組合せ<<

26歳で世界ランク155位の島袋は兵庫ノア・チャレンジャーで第2シードの望月慎太郎や第3シードのL・ナルディ(イタリア)らを破り決勝進出。決勝ではD・アジドゥコビッチ(クロアチア)に4-6, 2-6のストレートで敗れたものの今季最後の大会を準優勝で飾った。この結果、ランキングも大きく上昇した。

その他、日本勢トップの西岡良仁は変わらず48位。ダニエル太郎が3つ上げて75位、昨年の横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)で準優勝した綿貫陽介はその分のポイントが失効し17下げて98位となったもののポイント防衛に向けて同大会に現在出場している。

11月20日付ATP世界ランキングの日本勢上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■48位[ - ]…西岡良仁
955ポイント(955ポイント)

■75位[ ↑3 ]…ダニエル太郎
737ポイント(737ポイント)

■98位[ ↓17 ]…綿貫陽介
642ポイント(722ポイント)

■136位[ ↑1 ]…望月慎太郎
464ポイント(452ポイント)

■144位[ ↑11 ]…島袋将
439ポイント(396ポイント)

■246位[ ↑3 ]…清水悠太
244ポイント(239ポイント)

■286位[ ↓1 ]…内田海智
194ポイント(194ポイント)

■297位[ ↑4 ]…内山靖崇
184ポイント (180ポイント)

■356位[ ↓2 ]…錦織圭
143ポイント(143ポイント)

■365位[ ↓18 ]…中川直樹
135ポイント(146ポイント)