アレックス・ミケルセン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは20日、28日に開幕する21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジェッダ、ハード)に出場する8選手を公開した。

>>綿貫 陽介、清水 悠太ら横浜慶應CH組合せ<<

同大会は21歳以下の選手で年間の獲得ポイント上位7選手と、ワイルドカード(主催者推薦)が与えられた選手の8名が出場する大会。4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。試合形式は4ゲーム制の5セットマッチ。

この大会は2017年から始まり、これまでチョン・ヒョン(韓国)、S・チチパス(ギリシャ)、J・シナー(イタリア)、C・アルカラス(スペイン)、B・ナカシマ(アメリカ)がトロフィーを掲げてきた。

今月8日には既に5選手の出場が確定しており、1人目は19歳で世界ランク36位のA・フィス(フランス)。今季は5月のリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾ったほか、ツアー大会で1度の準優勝と3度のベスト4進出を果たし世界ランキングを一気に上げ飛躍した。

2人目は19歳で同70位のL・ヴァン・アッシュ(フランス)。今季はチャレンジャー大会で2度の優勝を飾り、世界ランキングで初のトップ100入りを果たした。

3人目は21歳で同92位のD・ストリッカー(スイス)。昨年は同大会で4強入りしており、今季は全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でチチパスを破るなどしベスト16進出を果たした。

4人目は21歳で同100位のF・コボリ(イタリア)。今季はチャレンジャー大会で1度の優勝と1度の準優勝を飾り、ツアー大会では4月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)で予選からベスト8まで勝ち上がった。

5人目はワイルドカードが付与された19歳で同215位のA・シェルバイ(ヨルダン)。今季は2月にチャレンジャー大会で準優勝を飾ると、その翌週に行われたカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)でツアー本戦初出場。さらに4月のスルプスカ・オープン(ボスニア・ヘルツェゴビナ/バニャ・ルカ、クレー、ATP250)ではヨルダン人選手として初めてツアー本戦勝利を飾っている。

そして10月のLTP チャレンジャー(アメリカ/チャールストン、ハード、ATPチャレンジャー)ではヨルダン人選手として初のATPチャレンジャー大会のタイトルを獲得する快挙を達成した。

今回、出場が確定した6人目となるA・ミケルセン(アメリカ)は序盤ITF大会で優勝と準優勝を収めるとシカゴ・チャレンジャー(アメリカ/シカゴ、ハード、ATPチャレンジャー)では錦織圭や清水悠太を下しチャレンジャー大会初優勝。すると翌週のインフォシス・ホール・オブ・フェーム・オープン(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)でも大躍進を遂げ準優勝を飾っている。

7人目はH・メジェドビッチ(セルビア)。今季はチャレンジャー3大会で優勝すると7月のEFG スイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)では予選2試合を勝ち抜き本戦出場。ツアー大会初の4強入りを果たすと9月のアスタナ・オープン(カザフスタン/アスタナ、ハード、ATP250)でもベスト4進出を決めている。

最後の8人目はL・ナルディ(イタリア)。今季は3月のプネ・メトロポリタン・リージョン チャレンジャー(インド/プネ、ハード、ATPチャレンジャー100)で準優勝すると8月のポルト・オープン(ポルトガル/ポルト、ハード、ATPチャレンジャー)でタイトルを獲得。さらに11月のユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝を飾り、今大会への出場を確定させた。