初戦突破を果たした綿貫陽介
画像提供:tennis365.net

男子テニスの横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)は20日、シングルス1回戦が行われ、昨年準優勝で第1シードの綿貫陽介が世界ランク210位のスー・ユーシュウ(台湾)を6-3, 6-3のストレートで破り、2年連続2度目の初戦突破を果たした。

>>綿貫 陽介、清水 悠太ら横浜慶應CH組合せ<<

今大会は慶應義塾大学日吉キャンパス 蝮谷テニスコート(神奈川県横浜市)で11月19日〜20日に予選、20日〜26日に本戦が行われる予定。昨年大会では決勝でC・オコネル(オーストラリア)が綿貫を下し優勝を飾った。

この日、世界ランク98位の綿貫は9本のサービスエースを決めファーストサービスが入ったときに70パーセントの確率でポイントを獲得。2度のブレークを許したもののリターンゲームでは7度のブレークチャンスの内5度をものにし1時間10分で勝利した。

また、日本勢では綿貫の他に予選を勝ち上がった世界ランク297位の内山靖崇が2回戦に駒を進めている。

21日の結果は以下の通り。

【シングルス1回戦】

(1)綿貫陽介 6-3, 6-3 スー・ユーシュウ
(3)M・モウ(アメリカ) 6-1, 6-2 M・エチャルギ(チュニジア)
(6)L・ナルディ(イタリア)(イタリア)6-2, 6-4 (LL)チョン・ユンソン(韓国)
(7)M・ポルマンズ 6-1, 6-0 C・イルケル(トルコ)
(8)L・リーディ(スイス) 6-2, 6-2 (WC)野口莉央
リー・トゥ(オーストラリア)6-4, 6-3 (WC)坂本怜
(Q)内山靖崇 6-1, 6-1 (WC)今村昌倫
(LL)M・エルハール(フランス)6-3, 6-2 (Q)C・シンクレア(北マリアナ諸島)
A・マーティン(スロバキア)(アメリカ)7-6 (7-5), 1-6, 6-2 (Q)中川直樹
(LL)G・フォニオ(イタリア)6-4, 6-1 (Q)A・ホルムグレン(デンマーク)
G・ブランカノ(フランス) 6-4, 6-7 (1-7), 6-3 (Q)O・ジャシカ(オーストラリア)

【ダブルス1回戦】
(3)K・ジェヴィエツキ(ポーランド)/ Z・コラー(チェコ)4-6, 7-6 (9-7), [10-5] スー・ユーシュウ/ 清水悠太