綿貫陽介
画像提供:tennis365.net

男子テニスの横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)は24日、第1シードの綿貫陽介とラッキールーザーで本戦入りした同299位のG・フォニオ(イタリア)のシングルス準々決勝がコート3の第2試合に組まれ、現在行われている。

>>綿貫 陽介vsフォニオ 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介、清水 悠太ら横浜慶應CH組合せ<<

両者は初の顔合わせ。

25歳で同98位の綿貫は昨年の同大会で準優勝を飾っている。今大会は1回戦で同210位のスー・ユーシュウ(台湾)、2回戦で同342位のM・エルハール(フランス)を下し準々決勝に駒を進めた。

一方、25歳のフォニオは今大会の予選決勝で敗れたものの、本戦に欠場者が出たことでラッキールーザーとして本戦入りし、1回戦で予選勝者で同337位のA・ホルムグレン(デンマーク)、2回戦で第8シードのL・リーディ(スイス)を破りベスト8進出を果たした。

この試合の勝者は準決勝で第3シードのM・モー(アメリカ)と第6シードのL・ナルディ(イタリア)の勝者と対戦する。