ジョコビッチ勝利の瞬間
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズのファイナル8(スペイン/マラガ、室内ハード)は23日、準々決勝が行われ、セルビアが世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)の活躍もありイギリスを2勝0敗で破り、2021年以来2年ぶりのベスト4進出を果たした。

>>【動画】ジョコビッチ勝利の瞬間、母国セルビアをデビスカップ4強に導く<<

>>綿貫 陽介vsフォニオ 1ポイント速報<<

9月に行われたデビスカップファイナルズのグループステージを勝ち抜いた8チームが出場し、シングルス2試合とダブルス1試合のトーナメントで決着をつける今大会。既に2試合が行われており、フィンランドが昨年王者のカナダを2勝1敗で、オーストラリアがチェコを2勝1敗で下しベスト4に駒を進めている。

そして大会3日目となるこの日はジョコビッチ率いるセルビアとイギリスが激突。第1試合、世界ランク55位のM・キツマノビッチ(セルビア)が同60位で22歳のJ・ドレイパー(イギリス)との接戦をストレートで制しセルビアが勝利に王手をかける。

続く第2試合、前週行われた最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)で優勝を飾ったジョコビッチが登場し、世界ランク18位のC・ノリー(イギリス)と対戦した。第1セット、第5ゲームでブレークポイントを握ったジョコビッチは長いラリーの末にネット際のボレーを決めブレークに成功。その後のサービスゲームではブレークバックのチャンスを与えず、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをラブゲームでキープし先行する。

続く第2セット、ジョコビッチが第1ゲームで40-0とブレークポイントを握ると最後はノリーがボールをネットにかけブレークに成功。第5ゲームでは5度のブレークチャンスを掴むも活かせず2度目のブレークを奪うには至らなかったが、試合を通してリターンゲームでブレークポイントを与えず、ストレート勝ちを収めた。

2010年にデビスカップ初優勝を飾ったセルビアは準決勝でイタリアと対戦する。イタリアは準々決勝でオランダを2勝1敗で下しての勝ち上がり。

【フィンランドvsカナダの結果】

第1試合
キツマノビッチ 7-6 (7-2), 7-6 (8-6) ドレイパー

第2試合
ジョコビッチ 6-4, 6-4 ノリー

【セルビアとイギリスのメンバー】

<セルビア>
N・ジョコビッチ
L・ジェレ(セルビア)
D・ラヨビッチ(セルビア)
M・キツマノビッチ
H・メジェドビッチ(セルビア)

<イギリス>
C・ノリー
J・ドレイパー
L・ブロディ(イギリス)
J・ソールズベリー(イギリス)
N・スクプスキ(イギリス)