シングルスで勝利したシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズのファイナル8(スペイン/マラガ、室内ハード)は23日、準々決勝が行われ、世界ランク4位のJ・シナー(イタリア)が単複で輝きを放ったイタリアがオランダを2勝1敗の逆転で破り、2年連続でベスト4進出を果たした。試合後、シナーは「このような特権を持つ選手はそれほど多くない」と語った。

>>【動画】最後はシナーのサーブ、複制したイタリア勝利の瞬間<<

>>綿貫 陽介vsフォニオ 1ポイント速報<<

9月に行われたデビスカップファイナルズのグループステージを勝ち抜いた8チームが出場し、シングルス2試合とダブルス1試合のトーナメントで決着をつける今大会。既に2試合が行われており、フィンランドが昨年王者のカナダを2勝1敗で、オーストラリアがチェコを2勝1敗で下しベスト4に駒を進めている。

そして大会3日目となるこの日の第1試合、世界ランク44位のM・アルナルディ(イタリア)は同51位のB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)にフルセットの接戦の末に敗戦。イタリアは後がなくなる。

そして第2試合、前週行われた最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)で準優勝したシナーが登場し世界ランク23位のT・フリークスポール(オランダ)と顔を合わせた。この日、ファーストサービスが入ったときに91パーセントの高い確率でポイントを獲得したシナーは1度もブレークポイントを与えず。32本のアンフォーストエラーを犯したフリークスポールから2度のブレークに成功しストレート勝ちを収めた。

1勝1敗で迎えた第3試合のダブルス、シナー/ L・ソネゴ(イタリア)組はフリークスポール/ W・クールホフ(オランダ)組と対戦。第1セットは互いにブレークポイントを握るとシナー/ソネゴ組が第8ゲームでブレークに成功し先行する。続く第2セットでも1度のブレークに成功しストレートで下した。

この結果、オランダは2勝1敗の逆転で4強入り。準決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)率いるセルビアと対戦する。セルビアは準々決勝でイギリスを2勝0敗で下しての勝ち上がり。

試合後、母国の勝利に大きく貢献したシナーは「プレッシャーがあるのは特権だと思う」と女子テニスで元世界ランク1位のB・ジーン・キング(アメリカ)の言葉を引用し「このような特権を持つ選手はそれほど多くない。デビスカップのプレッシャーは違う。なぜなら、大きな責任を背負ってプレーしなければならないことを知っているからね。だから、これは特権なんだ」とコメントした。

「もちろん、自信を持ってここに来たんだけど初日は簡単じゃない。今日も第1セットはまずまずのスタートだったね。でも、今年最後の大会がチーム戦というのはいいものだよ。いいエネルギーをもらえる。僕たちは正しいことをやっていると思う。大きな家族のようだし、今日もそれを見せてくれた。全員が100パーセントの力を出しているよ」

【イタリアvsオランダの結果】

第1試合
アルナルディ 7-6 (8-6), 3-6, 6-7 (7-9) ファン・デ・ザンスフルプ

第2試合
シナー 7-6 (7-3), 6-1 フリークスポール

第3試合
シナー/ ソネゴ 6-3, 6-4 フリークスポール/ クールホフ

【イタリアとオランダのメンバー】

<イタリア>
J・シナー
L・ムセッティ(イタリア)
M・アルナルディ
L・ソネゴ
S・ボレッリ(イタリア)

<オランダ>
T・フリークスポール
B・ファン・デ・ザンスフルプ
G・ブロウワー
W・クールホフ
JJ・ロジェール(オランダ)