慶應チャレンジャーでの綿貫
画像提供:tennis365.net

27日に開幕する男子テニスの四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)は25日にシングルス本戦の組み合わせを発表。1回戦では第1シードの綿貫陽介と世界ランク246位の清水悠太が激突する。

>>綿貫vs清水 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介、中川 直樹ら四日市CH組合せ<<

綿貫と清水は現在開催中の横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)でともに決勝に進出しており、26日の決勝を戦う予定。その後四日市に移動し、1回戦で再び相まみえることとなった。

日本勢では綿貫と清水のほかに世界ランク286位の内田海智、同297位の内山靖崇、365位の中川直樹、そしてワイルドカード(主催者推薦)で同375位の野口莉央、同563位の徳田廉大、17歳の坂本怜が出場する。

昨年大会は綿貫が優勝を果たしている。