ジャパンOPでの守屋宏紀
画像提供:tennis365.net

男子テニスの四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)は27日、シングルス1回戦の4試合、予選決勝の6試合の計10試合が行われた。予選決勝では日本勢5選手が本戦出場を決めている。

>>綿貫 陽介、中川 直樹ら四日市CH組合せ<<

前週の横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)で決勝を戦い、優勝した綿貫陽介と準優勝の清水悠太も同大会に参戦。1回戦で顔を合わせることが決定している。

この日はシングルス本戦1回戦と予選決勝に計6名の日本人選手が登場した。本戦1回戦に登場した世界ランク357位の中川直樹はC・ウォン(台湾)と対戦するも2時間の激闘の末にフルセットで敗れ初戦で姿を消した。

また、予選決勝では第4シードの守屋宏紀、第5シードの高橋悠介、第8シードのトゥロター・ジェームズ、第12シードの伊藤竜馬が本戦出場を決めた。

【27日に行われたシングルス予選決勝と本戦1回戦の結果】
()内はシード

<本戦1回戦>
(4)Z・ベルグス(ベルギー)5-7, 6-2, 6-4 A・チェリクビレク(トルコ)
G・フォニオ(イタリア)4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-5) K・イヴァノフスキ(マケドニア)
O・ジャシカ(オーストラリア)6-7 (7-9), 6-4, 6-2 ソン・ホンチャン(韓国)
C・ウォン 6-2, 6-7 (5-7), 6-4 中川直樹

<予選決勝>
(1)A・ホルムグレン(デンマーク)6-2, 6-4 (10)K・ヴェーネルト(ドイツ)
(4)守屋宏紀 6-2, 6-3 (9)A・マーティン(アメリカ)
(5)高橋悠介 6-2, 3-6, 7-6 (8-6) (7)望月勇希
(8)トゥロター・ジェームズ 6-1, 6-2 (6)N・ポンウィス(アメリカ)
(12)伊藤竜馬 7-6 (7-4), 6-1 レイ・ホー(台湾)
ナム・ジソン(韓国) 4-6, 6-1, 6-0 C・パターギル(オーストラリア)