横浜チャレンジャーでの綿貫陽介と清水悠太
画像提供:tennis365.net

男子テニスの四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)は28日、第1シードの綿貫陽介と世界ランク212位の清水悠太のシングルス1回戦がセンターコートの第4試合に組まれた。第1試合は10時に開始予定。

>>綿貫 陽介vs清水悠太 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介、中川 直樹ら四日市CH組合せ<<

両者は2度目の顔合わせであり綿貫の1勝。前週の横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)決勝で対戦しており、綿貫が7-6 (7-5), 6-4のストレート勝ちを収めている。

綿貫が同大会に出場するのは2年連続2度目。昨年大会ではF・フェレイラ・シルバ(ポルトガル)を6-2, 6-2のストレートで破り優勝を飾った。一方、清水は2年連続3度目の出場であり、最高成績は2019年の初戦突破となっている。

なお、この試合の勝者は2回戦で世界ランク285位のG・フォニオ(イタリア)と対戦する。フォニオは1回戦で同305位のK・イヴァノフスキ(マケドニア)を4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-5)の逆転で下しての勝ち上がり。