横浜慶應チャレンジャーでの綿貫陽介
画像提供:tennis365.net

男子テニスの四日市チャレンジャー(日本/四日市、ハード、ATPチャレンジャー)は28日、シングルス1回戦の12試合、ダブルス1回戦の3試合の計15試合が行われた。日本勢では第1シードの綿貫陽介ら5選手がシングルス初戦突破を果たした。

>>綿貫 陽介ら四日市CH組合せ<<

大会2日目の28日にはシングルス本戦1回戦とダブルス1回戦が行われ、計13名の日本人選手が登場した。

この日、前週の横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)決勝のカードとなった綿貫と清水悠太が対戦。悪天候により開始から中断が続いたが、昨年王者の綿貫が前週大会と同様にストレートで勝利し、2年連続の初戦突破を果たした。

また、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した17歳の坂本怜は1回戦、第2シードのJ・ロディオノフ(オーストリア)を6-4, 6-4のストレートで破る金星を挙げ、ATPチャレンジャー大会で初白星を飾った。

その他、世界ランク319位の内田海智、予選を勝ち上がった同429位の守屋宏紀と同540位のトゥロター・ジェームズが2回戦に駒を進めた。

【28日に行われたシングルスとダブルス1回戦の結果】
()内はシード

<シングルス1回戦>
(1)綿貫陽介 6-3, 6-4 清水悠太
(WC)坂本怜 6-4, 6-4 (2)J・ロディオノフ
(3)M・モウ(アメリカ) 6-2, 6-3 (WC)徳田廉大
(5)M・ポルマンズ(オーストラリア)6-3, 6-4 (WC)野口莉央
(6)Z・コラー(チェコ)6-1, 5-7, 6-2 M・エルハール(フランス)
リー・トゥ(オーストラリア)6-2, 6-2 (7)L・リーディ(スイス)
(Q)トゥロター・ジェームズ 7-6 (7-5), 6-2 (8)スー・ユーシュウ(台湾)
G・ブランカノ(フランス) 6-0, 6-4 (LL)望月勇希
M・エチャルギ(チュニジア)6-4, 7-5 C・イルケル(トルコ)
(Q)A・ホルムグレン(デンマーク)6-3, 6-3 (Q)高橋悠介
(Q)守屋宏紀 6-3, 6-2 (Q)伊藤竜馬
内田海智 7-6 (8-6), 2-6, 6-1 (Q)ナム・ジソン(韓国)

<ダブルス1回戦>
(1)E・キング(アメリカ)/ R・スタルダー(アメリカ)6-1, 3-6, [10-7] P・マツシェフスキ(ポーランド)/ K・ヴェーネルト(ドイツ)
レイ・ホー(台湾)/ C・パターギル(オーストラリア)2-6, 7-6 (7-2), [10-4] (2)K・ジェヴィエツキ(ポーランド)/ Z・コラー
(4)R・ボリパリ(インド)/ A・カドヘ(インド)6-4, 6-2 水野惺矢/ 本山知苑