ハマド・メジェドビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジッダ、ハード)は1日、準決勝が行われ、第6シードのH・メジェドビッチ(セルビア)は第3シードのD・ストリッカー(スイス)が4-3 (7-5), 2-1の時点で腰の負傷により棄権したため決勝進出を果たした。

>>【動画】メジェドビッチが決勝へ ストリッカーが腰負傷で棄権<<

Next Gen ATPファイナルズは21歳以下の選手で年間の獲得ポイント上位7選手と、ワイルドカード(主催者推薦)が与えられた選手の8名が出場する大会。4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

試合形式は4ゲーム制の5セットマッチで、2017年から新型コロナウイルスの影響を受けた2020年を除き過去5度開催されており、過去にC・アルカラス(スペイン)やJ・シナー(イタリア)、S・チチパス(ギリシャ)らが優勝を果たした登竜門となっている。

準決勝第2試合となったこの一戦、開始から互いに安定したサービスゲームを展開しブレークチャンスを与えずタイブレークに突入。唯一のミニブレークに成功したメジェドビッが最後は前後に揺さぶるショットでセットポイントをものにし先行する。

続く第2セット、第3ゲームでメジェドビッチはブレークに成功。このゲーム、ストリッカーは腰付近を気にしプレーに集中できず。ゲーム終了直後に棄権を申し入れた。試合時間は32分。

勝利したメジェドビッチは決勝で第1シードのA・フィス(フランス)と対戦する。フィスは準決勝で第2シードのL・ヴァン・アッシュ(フランス)を2-4, 4-1, 4-3 (7-1), 4-3 (8-6)の逆転で下しての勝ち上がり。

【準決勝の結果と決勝の組合せ】
()内はシード

・準決勝
(1)フィス 2-4, 4-1, 4-3 (7-1), 4-3 (8-6) (2)ヴァン・アッシュ
(6)メジェドビッチ 4-3 (7-5), 2-1 Ret. (3)ストリッカー

・決勝
(1)フィス vs. (6)メジェドビッチ

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>