今年1月の全豪OPでのナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)が1日、自身のSNSを更新し12月31日に開幕するブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で約1年ぶりにツアーに復帰すると発表。投稿した動画内でナダルは「戻ってくる時が来た」と明かした。

>>【動画】ナダルが練習公開!サーブやボレーも披露!<<

37歳のナダルは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で左股関節付近を痛めながらM・マクドナルド(アメリカ)と対戦し、ストレート負け。その後ツアー復帰が叶わず、5月にラファ・ナダル・アカデミーで開かれた会見で全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の欠場と長期の休養に入ること、そして2024年シーズンでの現役引退の可能性を示唆した。

その後ナダルは6月に左大腰筋の関節鏡手術を受けリハビリに励み、10月に入ってからはコートで練習する様子を定期的に自身のSNSで公開していた。

先月15日には復帰が近づいているとコメントしていたナダルは今回、自身インスタグラムで2024年シーズンの開幕戦となるブリスベン国際でツアーに復帰すると発表。

動画の冒頭、ナダルは「このまま終わるのは僕にふさわしくないと思う。僕は記者会見で終わりを迎えることがないよう、スポーツ人生を通じて懸命に努力してきたと信じているし、正しい形でキャリアを終えるためにハードワークするつもりだ」とコメント。

そして続けて「こんにちは、皆さん。競技から1年離れていたけど戻ってくる時が来た。1月の第1週にブリスベンで大会が開催される。そこで会いましょう」と明かした。

2019年に錦織圭が大会を制して以来4年ぶりの開催となるブリスベンに四大大会通算22勝の王者が約1年ぶりにコートに帰還する。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>