2017年のブリスベンでのナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

12月31日に開幕するブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は1日に公式サイトを更新。男子テニスで元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)の復帰が同大会に決定したことに大会ディレクターやブリスベン市長が喜びを明かした。

37歳のナダルは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で左股関節付近を痛めながらM・マクドナルド(アメリカ)と対戦し、ストレート負け。その後ツアー復帰が叶わず、5月にラファ・ナダル・アカデミーで開かれた会見で全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の欠場と長期の休養に入ること、そして2024年シーズンでの現役引退の可能性を示唆した。

その後ナダルは6月に左大腰筋の関節鏡手術を受けリハビリに励み、10月に入ってからはコートで練習する様子を定期的に自身のSNSで公開していた。

そして1日、ナダルはインスタグラムで2024年シーズンの開幕戦となるブリスベン国際でツアーに復帰すると発表した。

この発表にトーナメントディレクターを務めるカム・ピアソン氏は「ラファがここブリスベンでテニスに復帰できることをうれしく思うし、彼のファンも大喜びすることだろう。我々はラファがプレーに戻るためにどれだけ努力してきたかを知っている、だからこそ、ここブリスベンで1年ぶりにコートに立つ姿を見るのはとても特別なことになるだろうね」とコメント。

また、クイーンズランド州観光・スポーツ大臣であるスターリング・ヒンクリフ氏は今大会が世界のテニスの祭典になるとし「ブリスベン国際がパット・ラフター・アリーナ(会場)に戻ってくることで2024年のクイーンズランド州の夏は感動的で楽しいテニスの夏になるだろう。彼ほどの選手がセンターコートに立つということは州内外のファンが増えるということであり、1,000万ドル(約14億円)の試合になるかもしれない」と明かした。

最後にブリスベン市長エイドリアン・シュリナー氏はこの夏、ナダルを迎える準備は整っていると語った。

「テニス界のスーパースターであるラファエル・ナダルが待望の復帰戦としてブリスベン国際を選んだことは、信じられないようなニュース。12ヶ月間コートから離れた後、我々はこの世界クラスの国際テニスイベントをサポートし、ナダルが同大会に戻ってくることを歓迎できることに興奮している」

「市民、観光客、テニスファンがナダルの復活を一目見ようとクイーンズランド・テニスセンターに集まり、地元のホテル、レストラン、観光体験を通じてブリスベンの経済に数百万ドルが注入されることを期待している」

2019年に錦織圭が大会を制して以来5年ぶりの開催となるブリスベンに四大大会通算22勝の王者が約1年ぶりにコートに帰還する。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>