大坂なおみ(昨年の東レPPO)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニス協会のWTAは4日に公式サイトを更新し、単複通算133勝を誇る元世界ランク1位のP・シュライバー(アメリカ)のコメントを掲載。今月31日に開幕するブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)で出産から復帰を果たす大坂なおみについて「力強く戻ってくると思う」と言及した。

現在61歳のシュライバーは現役時代、M・ナブラチロワ(アメリカ)とペアを組み四大大会ダブルスで21度の優勝。シングルスでもツアー通算21個のトロフィーを掲げるなどし、合計133個のタイトルを獲得した。

そのシュライバーは今回、ブリスベン国際で復帰を果たす大坂について次のように語った。

「魅力的なこと。大坂はV・アザレンカ、S・ウィリアムズ(アメリカ)、T・マリア(ドイツ)、E・スイトリナ(ウクライナ)など産休からの復帰で成功を収めた選手たちにとても刺激を受けているはずよ。家庭には素晴らしい楽しみがあるという視点を持って、彼女は力強く戻ってくると思う。オーストラリアで彼女に会えるのが楽しみだわ」

大坂は昨年9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)2回戦を腹痛のため棄権し、ツアーを離脱。今年1月には妊娠を公表し、7月に出産したことを発表した。

そして先月、2024年シーズンの開幕戦となるブリスベン国際で復帰することを発表。出産から約半年でツアーに復帰する大坂がどこまでのパフォーマンスを披露できるか注目される。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

男子
本戦 12/13(水)〜12/17(日)

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催

■大会・チケット詳細はこちら>