全豪OP4強入りを決めたメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのD・メドベージェフが第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)との約4時間の熱戦を7-6 (7-4), 2-6, 6-3, 5-7, 6-4のフルセットで制し、2022年以来2年ぶり3度目のベスト4進出を果たした。

>>アルカラスvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、アルカラスら全豪オープン組合せ<<

2021年と2022年は準優勝という成績を残している世界ランク3位のメドベージェフ。今大会は1回戦で予選を勝ち上がった同144位のT・アトマネ(フランス)が第4セット途中に棄権したため初戦突破。2回戦では同53位のE・ルースブオリ(フィンランド)との死闘を制すと3回戦で第27シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、4回戦で同69位のN・ボルジェス(ポルトガル)を下し8強に駒を進めた。

世界ランク9位のフルカチュと顔を合わせたこの日の第1セット、メドベージェフは第1ゲームでブレークに成功するも第6ゲームでブレークバックを許しタイブレークに突入。それでも1度のミニブレークを奪ったメドベージェフがリードを守り切り先行する。

続く第2セット、サービスゲームが安定しないメドベージェフは第1ゲームでいきなりブレークを許す。直後の第2ゲームで得たブレークバックのチャンスを活かせず、14本のウイナーを記録したフルカチュに第7ゲームでもブレークを奪われ、1セットオールに追いつかれる。

第3セット、第1ゲームで2度のブレークポイントを凌いだメドベージェフは第2ゲームでブレークに成功。第3ゲームでは0-40からサービスゲームをキープし開始から3ゲームを連取する。その後はフルカチュに隙を与えず、セットカウント2−1とする。

勝利を決めたいメドベージェフは第4セット、第1ゲームでブレークに成功。ゲームカウント4-2と優位に立つもフルカチュに反撃を許し2度のブレークを奪われて、2セットオールに追いつかれる。

そしてファイナルセット、互いにサービスキープが続くも第7ゲーム、フルカチュのミスが重なりブレークチャンスを得たメドベージェフ。最後はネットに出たメドベージェフのボレーをフルカチュが返球できずブレークに成功。直後の第8ゲームではブレークポイント握られるもピンチを凌ぐとサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム、絶妙なドロップショットを決め1本目のマッチポイントをものにし、3時間59分に及ぶ熱戦を制した。

勝利したメドベージェフは準決勝で第2シードのC・アルカラス(スペイン)と第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)の勝者と対戦する。

[PR]1/14(日)〜1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定

■WOWOWオンデマンドはこちら>