勝利したズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日に男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのC・アルカラス(スペイン)を6-1, 6-3, 6-7 (2-7), 6-4で破り、4年ぶり2度目のベスト4進出を果たすとともに、四大大会で7度目の準決勝に駒を進めた。

>>ジョコビッチ、ズベレフら全豪オープン組合せ<<

>>サバレンカ、ガウフら全豪オープン組合せ<<

全豪オープンでは、2020年に4強、2021年には8強入りを果たしている世界ランク6位のズベレフだが、昨年大会は2022年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で負った負傷からの復帰直後ということもあり、2回戦で敗れていた。

今大会は1回戦で同62位のD・ケプファー(ドイツ)、2回戦で予選勝者で同163位のL・クライン(スロバキア)、3回戦で同91位のA・ミケルセン(アメリカ)、4回戦で第19シードのC・ノリー(イギリス)を下し8強入りした。

同2位のアルカラスとの顔合わせとなった準々決勝の第1セット、立ち上がりからミスが目立つアルカラスに対し、ズベレフが第2ゲームと第6ゲームでブレークを奪い先行する。

続く第2セットも10本のアンフォーストエラーを記録するなど調子の上がらないアルカラスに対して、安定したプレーを続けたズベレフは第6ゲームから4ゲームを連取し2セットアップとする。

第3セット、ズベレフは第4ゲームでブレークポイントを握ると最後はラリー戦の末アルカラスのバックハンドがアウトとなりブレークに成功。しかし、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームでアルカラスにブレークバックを許すと、流れは一転アルカラスに。その後のタイブレークではアルカラスの強打に苦しめられ1セットを返される。

第4セット、序盤で両者1度ずつブレークを奪い合うと、その後はキープが続く。しかし、終盤となった第9ゲームでズベレフが値千金のブレークに成功。最後は第10ゲームをキープし、同大会4年ぶり2度目の4強入りを果たした。

勝利したズベレフは準決勝で第3シードのD・メドベージェフと対戦する。メドベージェフは準々決勝で第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)を下しての勝ち上がり。

[PR]1/14(日)〜1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定

■WOWOWオンデマンドはこちら>