全豪OP2連覇に王手をかけたサバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、女子シングルス準決勝が行われ、第2シードのA・サバレンカが第4シードのC・ガウフ(アメリカ)を7-6 (7-2), 6-4のストレートで破り、2年連続2度目の決勝進出を果たすと共に2連覇に王手をかけた。

>>サバレンカvsガウフ 1ポイント速報・結果<<

>>ジョコビッチ、アルカラスら全豪オープン組合せ<<

>>サバレンカ、ガウフら全豪オープン組合せ<<

昨年の全豪オープンで四大大会シングルス初のタイトルを獲得した25歳で世界ランク2位のサバレンカは今大会、1回戦から全ての試合をストレートで勝利。準々決勝では第9シードのB・クレチコバ(チェコ)を6-2, 6-3のストレートで下し4強入りした。

一方、昨年の全米オープンで四大大会初制覇を成し遂げた19歳で世界ランク4位のガウフは今大会、1回戦から4回戦までストレート勝ちで8強入りすると準々決勝では同37位のM・コスチュク(ウクライナ)を7-6 (8-6),6-7 (3-7),6-2のフルセットで破り、大会初のベスト4進出を果たした。

この日の第1セット、サバレンカは第2ゲームで先にブレークに成功。直後の第3ゲームでブレークバックを許すも第6ゲームで2度目のブレークを奪い、ゲームカウント5-2とリードする。しかし、サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでブレークバックを許すと第11ゲームで3度目のブレークを奪われ逆転される。

それでもサバレンカは第12ゲームでブレークバックに成功しタイブレークにもつれ込む。開始から4ポイントを連取するとガウフに反撃を許さず、2度目のセットポイントをものにし先行する。

続く第2セット、第1ゲームで2度、第7ゲームで1度ブレークチャンスを掴むも活かせなかったサバレンカ。自身は安定したサービスゲームを展開しキープを続けると第9ゲーム、フォアハンドウイナーを決めるなどし2度のブレークチャンスを握ると最後はラリーの中でガウフのショットがアウトとなりブレークに成功する。

迎えたサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム、ダブルフォルトやショットのミスを犯しデュースとされるもサービスエースで凌ぐと最後も強烈なサーブをガウフがリターンできず、1本目のマッチポイントをものにして1時間42分で勝利した。

勝利したサバレンカは決勝で第12シードのジャン・チンウェン(中国)と予選勝者で同93位のD・ヤストレンスカ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

[PR]1/14(日)〜1/28(日) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定

■WOWOWオンデマンドはこちら>