(左から)メドベージェフとシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、第3シードのD・メドベージェフと第4シードのJ・シナー(イタリア)の男子シングルス決勝がロッド・レーバー・アリーナの第2試合に組まれ現在行われている。

>>メドベージェフvsシナー 全豪OP決勝 1ポイント速報<<

>>メドベージェフ、シナーら全豪オープン組合せ<<

両者は10度目の顔合わせで、対戦成績はメドベージェフから6勝3敗。直近の対戦は昨年11月の最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)準決勝で、この時はシナーが6-3, 6-7 (4-7), 6-1のフルセットで勝利している。

同大会では2021年と2022年に準優勝を飾っている27歳で世界ランク3位のメドベージェフ。初制覇を狙う今大会は1回戦で予選を勝ち上がった同144位のT・アトマネ(フランス)が第4セット途中に棄権したため初戦突破。その後2回戦で同53位のE・ルースブオリ(フィンランド)、3回戦で第27シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、4回戦で同69位のN・ボルジェス(ポルトガル)、準々決勝で第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)、準決勝で第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下し、2年ぶり3度目の決勝進出を果たした。

一方、22歳で同4位のシナーが同大会に出場するのは5年連続5度目。最高成績は2022年の8強となっていたが、今大会は好調を維持し、1回戦から準々決勝までセットを落とさず大会初の4強入りを果たすと、準決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-1, 6-2, 6-7 (6-8), 6-3で破り、四大大会初の決勝に駒を進めた。

決勝でメドベージェフは四大大会2度目の優勝を、シナーは初優勝を狙う。

[PR][PR]1/14(日)〜1/28(日) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは全コート、全試合ライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>